中小企業 新ものづくり・新サービス展出展します。

『中小企業 新ものづくり・新サービス展』出展することとなりました。
当社の新製品についても、展示致しますのでぜひお越しください。

日程:2018年12月11日~13日
場所:東京ビックサイト
ブース番号: P53
出展ゾーン: 化学・石油・プラ・ゴム

『展示商品について』
*世界初のCFRP塗料を使用した、PM2.5まで回収し粉塵環境を改善するサイクロン集塵機
*特殊加工を必要とするブスバー(バスバー・銅バー)
*金型設計~量産までの技術

『補助事業の成果のPRポイント』
これまでのサイクロン式集塵機は、小さな塵が回収後排気と共に排出されるため、フィルターがすぐ目詰まりを起こし、回収性能を低下させていました。このたび開発したサイクロン集塵機は特殊な帯電防止塗料や帯電防止材の使用により、一度回収された塵が吐き出される事を防ぎます。これにより、フィルタ寿命が飛躍的に改善されます。多くの粉体を扱う工場やトリミングサロンなど、ハードな環境の現場を改善する画期的な製品です。
・CFRP塗料は帯電防止効果・導電性・放熱性を付与できる高機能塗料
・CFRP樹脂は高強度・帯電防止・導電性・放熱性を高めた高機能樹脂

poster

タップ加工の方法。【転造タップ】と【切削タップ】の違い

タップ加工は転造タップと切削タップの2種類があります。

【切削タップ】

円筒内面にねじ溝を削り出して作ります。
「削り出す」ので削りカス(切粉)が大量に発生します。転造タップに比べてトルク(回転力)は少なくて済みますが、
削りかすを除去しながらの加工となるため大量生産には不向きな加工方法で
主にM8以上の大きなタップに用いられることが多い加工法です。

【転造タップ】
円筒内面を塑性変形(盛り上げ)させることにより溝でなく、山を作っていきます。
その為、削りカス(切粉)が発生しないので大量生産品に向いていますが加工に大きなトルク(回転力)を必要とするためM6以下のタップに多く用いられます。

当社では順送金型を使った精密器具を多く扱っておりますので、
プレス機のスピードに追従出来る「転造タップ」の技術を永年培ってまいりました。
タップ加工に関するご質問・ご相談がありましたらお気軽にご連絡下さい。

ブスバー(バスバ―)特殊加工技術の紹介

弊社では、標準的なブスバー(バスバー、銅バー)につきましては在庫を揃え、短納期での注文にも対応しております。

難しい加工を必要とする製品も、特殊な設備と豊富な経験に裏付けされた技術力を駆使して、お客様のニーズに応えて参ります。
複数の金型の製作や歩留まりの問題から、他社で敬遠されがちな特殊形状の『ブスバーを高品質・低価格』で提供する成光工業の技術の一例をご紹介いたします。
 特殊な形状や複雑な曲線でお困りの開発ご担当者様、「技術の成光工業」へ是非一度、ご相談ください。

 

①特殊加工の曲げ技術

従来から広く行われているフラットワイズ曲げは上下の曲げとなり曲げにくいが、
エッジワイズ曲げは、平角線Aの断面の長編を横方向にした曲げであり
曲がり部分における図中の実践の矢印線に示す外側の「伸び」の力および内側の「圧縮」の力は、フラットワイズ曲げより大きく、曲げにくい。

 

②コスト削減

コスト面においても、材料歩留まりと生産性の向上でコストダウンのご提案が可能です。

 

 

 

③特殊なフォーミングマシンでの製造が可能

サーボフォーミングマシンという特殊な機械を使用することにより、穴抜き・エッジワイズ・フラットワイズ・カット・ねじり加工(ツイスト加工)

など複雑形状のブスバーの成形が量産規模で可能となります。

〇異形ブスバーが1つの金型から製造可能(費用を抑えられる)

〇加工は1mm~6mmまで加工

〇エナメル平角線(丸線)の加工も可能

〇小ロットから量産まで対応が可能

 

 

 

 

 

【加工事例】

 

 

3Dプリンタ導入

2017年 12月に3Dプリンタ(ストラタシス社F123シリーズ)を導入致しました。

3Dプリンタの導入により、金型製作時や精密器具製造の際に検討されるべき「設計方法」「機能テスト」の分野を効率的かつ低コストにて行うことが出来ます。 「設計の機能テスト」が出来ることにより、効率的に検証できるため、従来の時間よりを大幅に改善することが可能となります。

また、小ロットのものや試作開発でコストを抑えたい際にも今回の3Dプリンタ導入により短時間、低コストにて提供することができます。

製作のご希望・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

【導入している3Dプリンタについて】

 

 

 

新年のご挨拶&2018年営業日について

~謹賀新年~

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、「お客様への“感謝”を形にする企業」を目指し、皆様にご満足いただける製品の提供を心がけていく所存です。
基本に立ちかえって、地道に、目の前のできることから着実に取り組んで参りたいと存じます。
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年は1月5日から平常営業とさせていただきます。
本年度の営業日に関しまして、下記のカレンダーを参照して頂けましたら、幸いです。
株式会社成光工業 2018年営業日カレンダー

神戸製鋼所の不適切行為による製品品質の報告

爽秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

当社は、神戸製鋼所が公表した一連の不適切行為を受け、弊社が製品に使用している、アルミ・銅に関して調査致しましたところ、2016年9月から2017年8月までの期間を対象として、製品品質の問題となる事象は確認されていないとの報告を受けました。

当社といたしましては、引き続き、製品品質の安全性の調査を進めてまいります。

神戸製鋼所の不適切行為による製品品質の報告(PDF: 159KB)

展示会出展のお知らせ

拝啓 皆様におかれましては、益々ご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、株式会社成光工業は、「機械要素技術展」に出展することとなりました。

今回の展示会では、

  • 世界初の技術となるカーボン銅メッキ
  • 特殊な加工を必要とするブスバー
  • フィルタレスサイクロン集塵機

などの新商品をメインで行う予定となっております。

ご来場頂いた際は是非とも弊社のブースにお立ち寄り下さい。

機械要素技術展

リニューアルのお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございます。

この度、ウェブサイトのリニューアルを行いましたことを、ご報告致します。

この度のリニューアルでは、お客様がより使いやすいウェブサイトを目指し「新しく分かり易く」情報をお伝えできればと考えております。

今後とも皆様へのサービス向上のため、更なる情報の充実を図ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。